2007年08月24日

グラナドス演奏(T)

今日はグラナドスの曲を演奏したテイクをアップします。

曲目は「Goyescas」からQuejas, o la maja y el ruiseñorです。

この曲は邦題では「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」となっていますね。
オペラ「ゴイェスカス」でも有名ですね!
元々はピアノ独奏のために作曲したらしいのですが、後にオペラ用に作曲されています。
ん〜、それにしても心に染みる美しいメロディが何とも言えませんなぁ・・・
ええ〜曲です黒ハート

そうだ、この曲に纏わる悲劇的なエピソードを!
このオペラ「ゴイェスカス」は1916年に作曲され、初演は1916年1月28日にニューヨークのメトロポリタン歌劇場において行われたそうです。
グラナドスは、この作品の初演のために夫婦で渡米し、帰国の直行便を、ウィルソン大統領の招きによる演奏会のためキャンセルし、リバプール経由の客船で帰国する途中、英仏海峡でドイツ海軍の潜水艦による無差別魚雷攻撃で船は沈没、行方不明となったそうです。
目撃者によると、彼は救命艇に一旦乗ったものの、波間に浮かぶ妻アンパロの姿を見るや否や即座に飛び込み、そのまま帰らなかったそうです・・・。

このエピソードを知ってからこの曲を聴くと、また違った想いが胸に去来するのではないでしょうか・・・

今回もライブ録音からのアップとなっております。
MP3は意図的に一部ブランクを空けて若干音質を下げております。



どうぞお楽しみ下さい。
(ダウンロードはご自由ですが、無断コピー&無断配布は止めて下さいね!)

るんるんるんるんるんるん現在CDの販売の販売もしております。詳しくは→こちらからどうぞるんるんるんるんるんるん

ではまた(^o^)/~~

★★★コメントはご自由に書いて下さいね(^O^)★★★
posted by 88鍵奏者 at 00:00| Comment(2) | グラナドス演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。グラナドスが聴けたので久々にコメントです。(笑)

悲劇的なエピソードを教わったので胸に去来するものも、どこか格別な様な気がしました。

ちなみに邦題は「マハ」も訳されて
『嘆き、または美女と夜鳴うぐいす』って言うパターンも有ったりしますかね。

これからも楽しみにしております。
Posted by CD欲しいけど at 2007年08月27日 23:01
CD欲しいけどさん、こんばんは!

ブログの更新も停まってしまい、すっかりご無沙汰しレスが出来ずにすみませんでした。
まだ完全復活という訳ではないのですが、どうか温かい目で見守って下さい。
Posted by 88鍵奏者 at 2008年02月01日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。